峨眉山(がびざん) | 多肉植物

多肉植物のユーフォルビア 峨眉山

峨眉山。
ユーフォルビアの多肉植物だそうです。2019年の春先に近所のコーナンで安売りしてたので買ったやつです。おちょこみたいなセリアの食器に下穴あけた容器に植え替え。根っこは少なくて短く、小さな器にちょうど良かったので、たぶんダイジョブなはず。ポケモンのサボネアに似てる。

スポンサーリンク

ユーフォルビア峨眉山(がびざん)基本情報

ユーフォルビア 峨眉山
  1. 和名:峨眉山
  2. 学名:Euphorbia “Gabisan”
  3. 科名:トウダイグサ科
  4. 属名:ユーフォルビア属
  5. 生育タイプ:夏生育型
  6. 特徴:初心者にも育てやすい
  • 日当りと風通しの良い場所
  • 水は少なめ。春は2週に1回、夏は週1回、秋は2週に1回、冬(5度くらいになったら)は室内に入れて月に1回少量。
父

株分けで簡単に増えるようなので、パキッととれたら土に植えるぞと。

冬を越せました。

ユーフォルビア・がびざん
うちの峨眉山

購入後1年くらい経ちました。冬に枯らしてしまうかな…とビビっていましたが無事にはるを迎えることができました。一年経ったけど特に大きくなってない気がするな…。子株も増えてない…かな。なにせ小さなおちょこに植え替えたからね。

特に大きくもなってない気がするな…。子株も増えてない…かな。おちょこに植え替えたからね。

植え替えた時

多肉植物のユーフォルビア 峨眉山イラスト
根っこは小さかったのでおちょこに植え替えた。

植え替えのときの記憶をたどると…。
根っこは小さかったです。上の絵みたいな感じ。本体よりふた周りくらい大きな器に入っていましたが、根は少なかったですね。なので、根は切らずにおちょこにすっぽり入りました。
単純に僕が買ったときは根が育っていなかっただけなのか、そんなに根が伸びないのかはわかりません。

用土は多肉植物用の土を持っていないので、赤玉土だけを入れた記憶です…。

うちでの育て方

春〜秋
ベランダに出して、お日様と風を浴びせる。
水やりは、1週間に1度程度でした。でも毎日他の植物に水をあげるので、少量ですが一緒に水を浴びてます。そんな感じでテキトーに育ててます。台風や大雨の日は取り込んでたような気もしますが基本的に雨ざらし。


11月くらいに室内に移動しました。ただ我が家の室内置き場は西側の窓のところ。レースのカーテン越しに西日があたるのですが、大丈夫でした。
冬場は基本ほっとくのでカラっカラになるのですがお水は我慢。月に1度くらい、晴れた日にベランダに出して水をばしゃーッとかけてました。
そんな感じで冬を越してくれたので結構頑丈なのかもしれません。

ボコボコさせたい…

ネットで画像検索していたら、ボコボコといい感じに育ってるブログをみつけました。おちょこに植え替えた時はちっちゃくて良いなと思っていたのですがこういうのもかっちょ良くていいですね。

ユーフォルビア峨眉山の育て方。ポイントは冬の温度と水やり頻度です | tabiniwa
肥大した茎から子株がぽこぽこ出てくるユーフォルビア峨眉山。小さいパイナップルが密集しているような見た目がおもしろい植物です。丈夫で手間がかからないので、一人暮らしで留守中の水やりが心配な人にもおすすめ。育て方のポイントを解説します。 ユーフォルビア峨眉山(Euphorbia "Gabisan") ユーフォルビア(Eup...
父

おれのもボコボコさせたいな!

ちなみに中国の世界遺産が名前の由来

峨眉山の楽山大仏
fannyssによるPixabayからの画像

中国の四川省にある霊山「峨眉山」から名前を付けたそうです。仏像は楽山大仏(らくさんだいぶつ)というそうです。
この茶色の岩肌と緑の具合が確かに、ユーフォルビアの峨眉山と似てますね。

父

それにしてもかっちょいい写真だなッ!
こういうジオラマっぽい盆景をつくりたいなあ!

タイトルとURLをコピーしました