公園の名物おじさん

公園に遊びに行くと、たま~に来る名物おじさん。

ぼくらが小学生の時には、神社で友達と野球をやっていると現れる「勝負おやじ」

神社で野球って今考えると物凄い昭和感があります。
普段は金網(カナアミ)のある公園でサッカーや野球をするのですが、カナアミが中学生なんかに占領されていると神社へ行って遊ぶわけです。
現代では金属バットと軟式ボールとかありえないですが、当時は誰にも怒られたことありませんでしたね。
今の子は公園でボール禁止とか、どうにかしてやりたいと思います。

ま、それはそれとして、勝負おやじです。

みんなで神社で野球をしていると現れるおじさん。
夕方チャリンコに乗って神社に現れます。まあ、なんか青っぽい服(今考えると作業服かな)を着て、汚い系のおっさんがくるんです。
「しょうぶしょうぶ~」
と言いながら僕らが足で書いた野球ベースの周りをチャリで回って帰っていくのです。
「しょうぶしょうぶ~」

一度だけアホな友達が
「いっつも勝負勝負いってっけど勝負しろや~!」
とか言って勝負おやじを挑発して、勝負おやじが打席に立ったことがあります。
なんか子ども心にちょっと怖いけどちょっと楽しい光景だったようで、今でも記憶にのこってます。

で、話は緊急事態宣言解除後の令和。
いつも子供たちが遊んでいる公園をうちの母ちゃんが通りかかってヤバ目なおじさんを目撃。

母

ずーっと公園の中みてんだよね

刃物おじさん

ずーっと「見ている」というオジサンについて子供たちに聞いてみると、

兄ボーイ
兄ボーイ

ああ、いつも来るよ。なんか刃物研いでる

ちち&はは
ちち&はは

えぇ???刃物?

どうも話を聞くと大き目の刃物を持って、兄曰く研いでる感じ。弟がいうには「ノコギリみたいので鉄みたいのを切ってる」らしい…。

父

えぇぇぇ、それ笑えないね、マジに通報したほうがいいんじゃない?ちょっと一緒に遊んでる子の親にも連絡とったほうが良いね。

そのおっさんが刃物もってるときは通報してもいいし、まあ、他の公園に行きなさいと話をしました。怖いな…。

ボーイ2
ボーイ2

でも刃物おじさんはちょっかい出してこないよ。いつも居るだけ

よばないおじさん

ボーイ2
ボーイ2

呼ばないおじさんのがむかつくよ!

父

よばないおじさん?なんか楽しそうでいいねぇ!

兄ボーイ
兄ボーイ

そうそう!木登りしてたりすると来るんだけど…

(平泉 成っぽいモノマネ口調で)
『おい、そんな高いところになんか、のぼって!落ちたって救急車なんか、呼ばないからねッ!』

兄ボーイ
兄ボーイ

ていうんだ。
高鬼とかすんじゃん?30センチくらいのところに乗ってても、言ってくるからね。救急車よばないからねっ!っつって。

兄ボーイ
兄ボーイ

いちいちうるさいから、「落ちても自分たちで救急車呼べますから、ダイジョブです!」
っていうんだけど、「よばないからねっー!」って言われる。

ボーイ2
ボーイ2

毎日だよ!

きたきたこういうハートウォーミング系おじさんの話~。現代でもあるんだな~。

兄ボーイ
兄ボーイ

んでさ、この間なんか「よばないおじさん」と「はものおじさん」が揉めてたからね。

父

!!!異種格闘技キター!!えええどんな感じ?

よばないおじさんが、いつもみたいに(救急車)呼ばないからねって言ってたら、はものおじさんが、
「救急車なんか呼ばなくても大丈夫ですよ。子供たちしっかりしてるし携帯もってますから」
そんなこと言ったってあなた!落ちたって救急車呼べませんよっ!
「呼ばなくていいですよ」
呼びませんからねえッーー!!

兄ボーイ
兄ボーイ

つってさ。
刃物おじさんは冷静な感じで、おれらの味方っつーか。そんな感じだった!

公園に一人いれば子ども時代の思い出のいい味付けになる「名物おじさん」。
まさかひとつの公園に2人の名物おじさんが共存し、しかもおじさんバトルが起きていてそれを子ども達が目撃しているとはッ!
ひさびさに涙ながして笑ってしまいました。
それにしても。
その話聞くと刃物おじさんもいちがいに悪い人とは言えないのかな…。

それからというもの、毎日のように「今日のおじさんたち」の動向を聞いてみると、
よばないおじさんは毎日やってきて誰かしらに「よばないからねー!」と言っている。
刃物おじさんの刃物っていうのはどうやら糸ノコのようで、
それを研いだり、「鉄のような何か」を切ったりしてるみたい。
あとはタバコを吸うか、缶コーヒーを飲んでる。か、すずめにエサをあげてる。

糸ノコか…。糸ノコならまあ、刺されるとかそういう心配はないのかな…。
心配だけど…。

タイトルとURLをコピーしました